違法な廃品回収業者には注意しなくてはいけない

kaitori-net

廃品回収を依頼しただけで法律違反になることもある

違法な廃品回収業者には注意しなくてはいけない

作業員

注意しなくてはいけない廃品回収

「無料で不用品回収します」というアナウンスをかけている車を目にした事があるという人は多くいます。多くが軽トラックにスピーカーを積んでいるだけの廃品回収車なのですが、注意しなくてはいけないのが、その回収業者が「違法営業」の可能性があることです。また、無料と伝えておきながら料金を請求する事も少なくありません。

不用品回収

廃品回収には役所の許可が必要

そもそも粗大ごみや廃棄物の回収は、役所からの「一般廃棄物処理業」と呼ばれる許可が必要になってきます。この許可がない状態で回収作業を行うと、「廃棄物処理法違反」となります。また、冷蔵庫や洗濯危機などの家電リサイクル品と呼ばれるものを引き取ってしまうと「家電リサイクル法違反」にもなってしまいます。

ダンボール

引き取ってもらった後にも問題がある

違法業者に不用品を回収してもらうと、その後にも問題が発生することがあります。それは「不法投棄」です。不法投棄は、多くのケースが捨てた相手を特定する事が難しく、捨てられていた品の商品番号などを辿って所有者を判明する事があります。そのため、業者にお願いしたと伝えても、依頼した持ち主が責任を問われることになります。そのため、神戸や東京などでは、きちんと許可を持っている業者への依頼を呼びかけています。

家電リサイクル品といわれている品

  • エアコン
  • テレビ
  • 冷蔵庫
  • 洗濯機
  • パソコン

広告募集中